<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

マンチェスターシティの移籍、噂まとめ#22 ラポルテの手術は成功

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エメリク・ラポルテの手術が成功

Embed from Getty Images

プレミアリーグ王者のマンチェスターシティはリーグ戦においてブライトンを相手に4-0の勝利を収め、非常に調子よくリーグを進めている。

現在最も危惧すべきことはそのブライトン戦で怪我を負い、手術する必要があるエメリク・ラポルテである。

センターバックで組み立てを含む素晴らしいプレーを見せ、緊急時には左サイドバックでのプレーも臆せずやり遂げることのできる選手だ。

ラポルテの怪我は深刻とみられていたようだが、手術が成功したことにより後は時間の経過を待つのみとなった。

プレミアリーグを盛り上げるためのスター選手であり、いかなる場合も選手の怪我は早く治ってほしいと願うものだ。

焦らず完治させて再びプレミアの地で活躍を見せてほしいと思う人は多いだろう。

ユベントスはオレクサンドル・ジンチェンコへのオファーを失敗していた(Calciomercato)

Embed from Getty Images

ウクライナ代表のオレクサンドル・ジンチェンコはマンチェスターシティで非常にいい時間を過ごしている。

左サイドバックを主に任され、ペップが求めるレベルのプレーを見事にこなしているのだ。

そんなジンチェンコに目をつけたのがイタリア王者のユベントスである。

ユベントスはヨーロッパの移籍市場が閉まる直前でジンチェンコ獲得を狙っており、オファーを出したが断られたようだ。

左サイドバックを主戦場とするパンジャマン・メンディは怪我が続き、ファビアン・デルフは移籍してしまったためにジンチェンコは今後のマンチェスターシティにとっての鍵となる選手と認識されている。

ユベントスとマンチェスターシティは既に今夏ジョアン・カンセロダニーロの移籍を行っている。

サネのバイエルン移籍は法外なサラリーによって阻害されたとの話も(Manchester Evening News)

Embed from Getty Images

マンチェスターシティに所属するリロイ・サネバイエルン移籍が何度もささやかれていたが、大けがを負ってしまったこともあり今夏での移籍は実現しなかった。

一部ではサネ側が移籍に難色を示したとも、そこから態度を変えて一気に移籍へ傾いたなど様々な話がある。

バイエルンのスポーツディレクターを務めるハサン・サリハミジッチはここへきてサネの移籍が失敗した理由を明かした。

いくつか理由があるとは言ったものの、カギとなったのはサネのサラリーだった。

マンチェスターシティとしては資金に困り放出する必要があるわけでもないため移籍金も£100mはゆうに超えるとみられていた。

そこにさらにサネの法外なサラリーが加わるとバイエルンの財政は一気に重くなってしまうのだ。

近年移籍金のみならず選手のサラリーも上がっているが、リーグによってはその負担はバラバラのようだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました