<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

リバプールの移籍、噂まとめ#23 ロブレンが移籍したかったことを認める

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロブレンが今夏退団したがっていたことを認める(Sportske Novosti)

Embed from Getty Images

フィルジル・ファンダイク、ジョエル・マティプ、ジョー・ゴメスらより序列が下と言われているデヤン・ロブレン。

怪我の影響もありポジションを彼らから奪うのは非常に難しい状況となっており、今夏での移籍が噂されていた。

そして結局はリバプールに残留する形となったが、クロアチアのメディアに移籍するつもりだったことを認めた。

”今は幸せだと感じているよ。多くのことをリスペクトしている。クロップは僕に「君が必要だからローンで出すことはできないんだ」と言った。”

”僕は移籍したいと思っていた。でもリバプールは僕を必要とし、それを受け入れた。”

トラズボンスポルのゴールキーパーの動きを注視か(Star TV)

Embed from Getty Images

リバプールはトラブゾンスポルに所属するトルコ代表ゴールキーパー、ウールジャン・チャクルの動きを注視しているようだ。

守護神であるアリソンが怪我しており、シモン・ミニョレが移籍したこともありフリーであったアドリアンを獲得したがクロップ監督はもう一人ゴールキーパーが必要だと感じているようだ。

また、日曜日に行われたフェネルバフチェとの試合で良い印象を得ており将来的な投資にもなるとの情報もある。

移籍となるとトラブゾンスポルは£14m程度を要求すると見られている。

リバプールとチェルシーが17歳のジョー・ゲルハルトに興味か(Goal.com)

Embed from Getty Images

若手の宝庫であるイングランドリーグの2部、チャンピオンシップ。

ウィガン・アスレチックに所属している5月に17歳になったばかりのジョー・ゲルハルトもその一人だ。

既に今シーズン3試合に途中ながら出場している。

ゲルハルトにはリバプール以外にもチェルシーレスターシティ、ウルブズも獲得に興味を持っていると言われている。

まだ2年契約を残しているためウィガンは急いで売却する必要はない。

しっかりとクラブを話をして将来のための選択をするのがいいだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました