<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

チェルシーの移籍、噂まとめ#12 アスピリクエタの未来は・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スペインのクラブがアスピリクエタ獲得に興味か(The Sun)

Embed from Getty Images

セサル・アスピリクエタの未来はもはやチェルシーにないのかもしれない。

今シーズン右サイドバックでプレーするアスピリクエタは精彩を欠き、失点の原因にもなっている。

フランク・ランパード監督はリース・ジェームスを右サイドバックに置くプランを持っており、そうなると30歳のアスピリクエタはセンターバックでのプレーになるか、もしくは完全にベンチとなってしま。

そんなアスピリクエタに目をつけているのがスペインのアスレチック・ビルバオレアルソシエダである。

右サイドに経験豊富な実力派を欲しがっているため彼らにとっては最高のターゲットである。

アスピリクエタは現在の契約を残り3年残している。

ナイジェリアはタミー・アブラハムをイングランド代表へ行かないように説得か(Daily mail)

Embed from Getty Images

タミー・アブラハムはチェルシーでようやくその実力を見せ始めている。

イングランド代表も今後の彼の活躍次第では黙っているはずはなく、A代表招集も視野に入っているだろう。

しかし、ナイジェリアサッカー協会はアブラハムのことを説得しようとしているようだ。

ナイジェリアサッカー協会会長は新たなスターを必要としている。

”勝利の栄冠を得るために探求する心を休ませることはないだろう。良いと思う選手たちとは対話を続けていかなければならない。”

”知っての通り、アブラハムについては2020年の4月まで待たなければならない。彼には言ったよ。強大なスカッドを持つイングランドよりナイジェリアのほうがはるかに多くの機会を得ることができるとね。”

ユベントスがウィリアンを来夏に狙うか(Daily Mail)

Embed from Getty Images

2013年にチェルシーに加入したブラジル人の契約も来夏で切れてしまう。

ウィリアンは31歳となり、チェルシーで活躍を続けている。

しかし、フランク・ランパード監督はウィリアンよりもメイソン・マウントをスターティングメンバーにするつもりであり、そうなるとウィリアンにとって居場所がなくなってしまう。

プレミリーグ4試合でもウィリアンは未だにスタートから試合には出ていない。

ユベントスはそんなウィリアンの状況を見ており、2020年で切れる契約が更新されなかった場合獲得へ向かう可能性がある。

ユベントスはこれまでにもアドリアン・ラビオやエムレ・ジャンなどフリーで選手を獲得してきた歴史を持っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました