<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

マンチェスターシティの移籍、噂まとめ#23 セルビアの天才を獲得か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンチェスターシティがセルビアの10代選手を狙うか(Mancheser Evening News)

Embed from Getty Images

今シーズン、セルビアU-21代表でありチュカリチュキに所属している19歳のスロボダン・テディッチは冬にもマンチェスターシティに加入するようだ。

既に今シーズンは4ゴールを決めている。

チュカリチュキのディレクターによるとマンチェスターシティは長くの間スカウトを送り続けていたようだ。

”彼はマンチェスターシティに長い間目をつけられていたよ。すべての試合を見ていたようだ。私たちに連絡が来たとき、すぐに合意すると伝えた。それは私たちが良い仕事をした証だ。だが、セルビアとこのクラブにとってのベストなマーケティングでもあるんだ。”

ペップは新たなセンターバックの獲得に向かうだろう(The Mirror)

Embed from Getty Images

マンチェスターシティのペップ・グアルディオラは新たなセンターバックの獲得に向かう必要がある。

キャプテンを務めていたヴァンサン・コンパニが退団し、その後釜を確保することはなかった。

しかし、主力でありエメリク・ラポルテが怪我で離脱した今は状況が大きく変わっている。

ジョン・ストーンズニコラス・オタメンディの2人しか主力が残っておらず、残りはカイル・ウォーカーやフェルナンジーニョをセンターバックとして起用する策しか残っていない。

冬の移籍市場では有力な選手の獲得に向かうことが予想される。

しかし、プレシーズンで印象を残していたエリック・ガルシアテイラー・ハーウッド=ベルスらを使う手も残っているが・・・。

マンチェスターシティはフィリペ・コウチーニョの獲得チャンスを拒否していた(TV3)

Embed from Getty Images

バルセロナで印象を残せず、ファンからもブーイングを浴びるなど移籍を検討していたフィリペ・コウチーニョ。

そしてついにドイツ王者であるバイエルンがローンでコウチーニョを獲得したのだ。

新天地でどのような活躍をするのか見ものだが、コウチーニョにはマンチェスターシティにも獲得のチャンスがあったのだ。

プレミアリーグに慣れており、戦力的にも問題はないがペップはコウチーニョへ興味を抱くことはなかった。

コウチーニョは既にバイエルンで2試合に出場している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました