<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

FIFPROのワールドイレブン候補はプレミアリーグ勢がリーガ勢を抜き最多へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FIFA FIFPROのワールドイレブン候補が発表された。

この候補は各リーグから集められた合計55人の中から選ばれる。

これまではレアルマドリーのクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナのリオネル・メッシらを中心としたリーガ勢が最多選出されていた。

しかし、リバプールのチャンピオンズリーグ優勝やチェルシーのヨーロッパリーグ優勝など近年のプレミアリーグ勢の勢いにより、ここ10年で初めてリーガ勢の候補者を上回ることとなった。

プレミアリーグからは21名の候補者が選出されている。

中でもマンチェスターシティからはエメリク・ラポルテやラヒーム・スターリングなど8名が選ばれている。

3冠を達成したマンチェスターシティからすると驚きでもなかっただろう。

チャンピオンズリーグのタイトルを獲得したリバプールからも7人が選出されている。

プレミアリーグ勢の勢いと活躍によるものだが、これは始まりに過ぎない。

どのチームも積極的にチーム力を増しており、今ここからプレミアリーグの時代が幕を開けるのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました