<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

今最も結果を出さなければいけない監督4選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.ディーン・スミス アストンヴィラ

Embed from Getty Images

ディーン・スミスはプレミアリーグのニューフェイスの一人だ。

アストンヴィラは3シーズンぶりにプレミアリーグへと帰ってきており、スミスはそのヴィラで昨シーズン素晴らしい時間を過ごした。

しかし、ヴィラには大きな問題がある。

主力を務める選手の多くがローンで借りている選手であり、今シーズンが始まるころには12人もの選手を£130mという巨額を出して獲得しているのだ。

ヴィラはここまでまだ1試合しか勝利をしておらず、降格圏内に沈んでいる。

だが、補強の人数やヴィラの状況を見る限りまだスミスを待つ必要はある。

それでも早く結果を出すことに越したことはないのだ。

2.ヌーノ ウルブズ

Embed from Getty Images

ヌーノはウルブズを劇的に強化した。

昨シーズンはなんと7位でリーグを終え、上位陣を食い荒らすジャイアントキリングを繰り返したのだ。

しかし、今シーズンのウルブズには非常に失望している人が多いのではないだろうか。

多くの資金を使っているためヴィラとは違い言い訳を使うことはできない。

さらに、彼らはヨーロッパリーグに出場するためヌーノが早く結果を出すことができなければ早急に監督交代を行うことも十分にあり得る。

もちろんここまでウルブズを強くしたのはヌーノであることに疑いはない。

だが、1月までに去る可能性もある。

3.オレ・グンナー・スールシャール マンチェスターユナイテッド

Embed from Getty Images

スールシャールは解任される可能性が高い一人だ。

マンチェスターユナイテッドはずっと混乱の時を過ごしているからだ。

ロメル・ルカクやアレクシス・サンチェスらがクラブを去り、守備陣を強化しチーム全体を若くしている途中だ。

成長を待つことも面白いかもしれないが10人のサウサンプトン相手にドローで終わり、クリスタルパレスに負けたとなればそうも言ってはいられない。

仮にも大金を使っているため結果は出さなければいけないのだ。

スールシャールにはまだまだはっきりとした戦術がないように見える。

シーズンは長いがその戦術をチームにしっかりと落とし込むことができなければマンチェスターユナイテッドの混乱は続き、スールシャールはクラブを去ることになるだろう。

4.フランク・ランパード  チェルシー

Embed from Getty Images

現在11位に落ちているチェルシーを率いているフランク・ランパード。

ダービーでは素晴らしい時間を過ごし、若手を育てることに定評があるがチェルシーで結果を出すことは未だにできていない。

現役時代はミッドフィルダーとして優れており、トロフィーも多く獲得したが監督として同じことはまだできないように見える。

高いレベルのクラブを率いた経験がないのが1番の要因である。

チェルシーは比較的早く監督を解任するが、フランク・ランパードはその中でも多くの時間を与えられるだろう。

それでもオーナーのアブラモヴィッチはトロフィーが大好きな人間だ。

なるべく早めに結果を出さなければ歴代の監督らと同じ結末を辿ることになるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました