<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

マンチェスターシティの移籍、噂まとめ ついにムバッペ獲得競争に参入か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンチェスターシティが来夏のキリアン・ムバッペ獲得を考慮か(PA)

Embed from Getty Images

マンチェスターシティはPSGに所属するキリアン・ムバッペの来夏獲得を考慮している。

92試合で62ゴールを決めている若き怪物は£268mという値がついていると言われており、PSGとしては簡単に手放すつもりはないようだ。

しかし、このフランス人はペップの理想としている選手でありこれからのチームを長く支えることもできる。

レアルマドリーも狙っていると言われているがその照準は徐々にリバプールのモハメド・サラーへと移っている。

ビッグサマーとなり得る取引はあるのだろうか。

マンチェスターシティはカリドゥ・クリバリ獲得レースに(PA)

Embed from Getty Images

マンチェスターシティは今まさに問題を抱えている状態だ。

センターバック陣にけが人が相次ぎ、唯一残っている本職のニコラス・オタメンディはミスが目立っている。

そこでマンチェスターシティが目を付けたのが今や世界最強の1人であるナポリカリドゥ・クリバリである。

クリバリはマンチェスターユナイテッドレアルマドリーも狙っており、激しい獲得レースになることが予想される。

今までナポリに尽くしてきたクリバリだが28歳という脂が乗り切った年齢で新たな挑戦を求めるのだろうか。

マンチェスターシティはクロアチアの逸材10代を狙うか(Sky Sports News

Embed from Getty Images

マンチェスターシティはディナモ・ザグレブに所属する10代のアントニオ・マリンを狙っている。

マリンはU-19の試合においてマンチェスターシティと対戦しており、2-2のドローとなった試合でインパクトを残している。

マリンはディナモ・ザグレブでここまで6試合に出場し、5得点を決めている。

また、契約を2024年まで残しているため仮にマンチェスターシティが狙う時の障壁となるとすれば契約問題だろう。

マリンにはチェルシービジャレアルも興味を持っていると言われている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました