<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

リバプールの移籍、噂まとめ ザルツブルクの日本代表、南野拓実の獲得に向かうのか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リバプールは南野拓実の獲得に動くのだろうか(Calciomercato)

Embed from Getty Images

リバプールはチャンピオンズリーグで対戦したレッドブル・ザルツブルクに所属する南野拓実、そしてチームメイトであるアーリング・ハーランドソボスライ・ドミニクに興味を持っている。

南野はリバプール戦で得点しており、それ以外のシーンでも目立つ場面が多くリバプールサポーターの中には彼の獲得を望む声も上がった程だ。

今シーズンは既に6点を記録している。

ザルツブルクに加入してから184試合に出場し61ゴールを決めている南野拓実。

日本人選手初となるリバプール移籍はあり得るのだろうか。

リバプールとマンチェスターユナイテッドがトーマス・ミュラーの獲得を目指すか(The mirror)

Embed from Getty Images

バルセロナからのローンで加入しているフィリペ・コウチーニョの加入によって居場所をなくしつつあるバイエルントーマス・ミュラー。

ミュラーは出場時間を確保するために早ければ冬にも新たなクラブを探すだろうと言われている。

そこで彼に興味を持っているのがリバプールとマンチェスターユナイテッドである。

リバプールのユルゲン・クロップは2017年にもミュラー獲得を狙っていたと言われており、2年越しに彼を口説くことになるのだろうか。

レアルマドリーがモハメド・サラーへのオファー金額を増額か(PA)

Embed from Getty Images

モハメド・サラーはリバプールで116試合に出場し77ゴールを記録しており、今や世界で最もベストな選手の1人となっている。

レアルマドリーPSGに所属するキリアン・ムバッペ獲得に向かうと見られていたがそのターゲットが徐々にサラーの方に向いており、彼の状況を長くの間注視している。

マドリーはサラーは右サイドでガレス・ベイルの代わりに良質な攻撃を提供できると見ている。

元々のオファー額は£134mとみられていたが、リバプールを納得させるために£152mまでオファー額を増額するようだ。

サラーはレアルマドリーのセルヒオ・ラモスと遺恨があるはずだが果たして。

コメント

タイトルとURLをコピーしました