<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナルの移籍、噂まとめ エジルがバルセロナへ自らを売り込みか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メスト・エジルがバルセロナへ売り込みをしていた?(PA)

Embed from Getty Images

アーセナルのメスト・エジルは監督であるウナイ・エメリの構想外となっており、試合もベンチ外と完全に出場機会を失っている。

そこで残り2年の契約を残す天才プレーヤーは自らをバルセロナに売り込んでいるようだ。

エジルは今冬での移籍を希望しており、バルセロナとしてはフィリペ・コウチーニョをバイエルンへローンで出し、さらにイヴァン・ラキティッチに移籍の噂があるためこの経験豊富なドイツ人の獲得はあり得るだろう。

仮にこの移籍が実現すれば2010年から2014年まで在籍していたレアルマドリーのライバルクラブへの加入となるため賛否両論が起こりそうだ。

アーセナルはイスコ獲得へ£40mのオファーを提示か(PA)

Embed from Getty Images

マラガからレアルマドリーへ加入したスペインの天才ミッドフィルダー、イスコは怪我により今シーズンはわずか3試合のみの出場に留まっている。

今後のチームにとってのキープレイヤーとも言えない彼にはペップ・グアルディオラ率いるマンチェスターシティが獲得に興味を示していると言われていた。

しかし、もはやイスコには興味がなくなったようだ。

そこで彼にはアーセナルが£40mという金額を準備して近づいている。

アーセナルにはレアルマドリーからダニ・セバージョスがローンで加入しているが、イスコの獲得はセバージョスの代替案だという。

イタリアのミランも獲得に興味を持っており、この創造性あふれるスペイン人をアーセナルは射止めることはできるのだろうか。

アーセナルはスペイン人ディフェンダー、パウ・トーレスの獲得レースでリードか(90min)

Embed from Getty Images

アーセナルはビジャレアルに所属する22歳のスペイン人ディフェンダー、パウ・トーレスを狙っている。

トーレスはビジャレアルで素晴らしい時間を過ごしており、10月のスペインのA代表にも召集されている。

まさに乗りに乗る若き新星だが、マンチェスターシティチェルシーも同じく獲得に興味を持っている。

その中でもアーセナルは獲得レースで彼らをリードしているようだ。

£44mから£65m程度の契約解除金と言われているがアーセナルはそれよりも低い金額での獲得を目指す。

現在守備陣に大きな課題を抱えているアーセナルはこの期待の22歳を手中に収めることができるのか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました