<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

リバプールの移籍、噂まとめ エクスターシティの逸材をチェルシーと奪い合いか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エクスターシティに所属する逸材を巡ってチェルシーと獲得競争か(The Sun)

エクスターシティに所属するベン・クリセンは15歳という若さで既にトップチームデビューを果たしている。

8月に行われたEFLカップでコベントリーシティ相手でのデビューであった。

この逸材を狙うべく、リバプールとチェルシーの間で奪い合いが起こりそうだ。

さらにはサウサンプトンバイエルンまでも注目しているという噂もあるが、現在ではリバプールが子の獲得レースにてリードしているようだ。

若手選手の獲得を進めているリバプールはこの逸材をも射止めることができるのだろうか。

リバプールがチェルシーとルイス・クックを巡り獲得レースが勃発か(Daily Mail)

Embed from Getty Images

リバプールはチェルシーとボーンマスに所属する22歳のルイス・クックを巡り、奪い合いとなるかもしれない。

エディ・ハウ率いるボーンマスで存在感を示していたクックだが、現在は怪我から復帰し再び自らの価値を示そうと奮闘している。

2022年まで現行契約を残しているため、ボーンマスとしては売却に急ぐ必要もないだろう。

獲得には相応の金額を用意する必要があると思われるがまだまだ成長過程の年齢であるためそのポテンシャルを開花させるか否かはクラブ次第となる。

中盤に新たな息吹を吹き込むクラブは一体どちらになるのか。

リバプールはアダム・ララーナの売却を検討か(Football Insider)

Embed from Getty Images

リバプールで161試合に出場し21ゴールを決めているアダム・ララーナ

この31歳のプレーメーカーはユルゲン・クロップの戦術を体現する重要選手として中盤に君臨し続けていたが、度重なる怪我の影響により今ではすっかり出場機会を失ってしまっている。

リバプールは契約が来年で切れるララーナを売却すべく、冬に動きそうだ。

ララーナ本人も31歳とまだまだプレー可能な年齢のため売却を受け入れるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました