<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

マンチェスターシティの移籍、噂まとめ ファビアン・ルイス獲得へ一歩前進か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンチェスターシティはファビアン・ルイスの獲得へ一歩前進(The Giurdian)

Embed from Getty Images

マンチェスターシティはナポリに所属しているスペイン人ミッドフィルダー、ファビアン・ルイスへの興味を強めている。

ナポリへ移籍したファビアン・ルイスは凄まじい活躍を見せており、今や世界屈指のミッドフィルダーへと成長した。

ラ・リーガのバルセロナ、レアルマドリーもともに注目している。

しかし、マンチェスターシティはスカウトを送り続けファビアン獲得への道を進もうとしている。

ナポリとしては売るつもりはなく、仮に£160mを超えるオファーが来た場合売却を検討するかもしれない。

イスコの移籍先はマンチェスターシティ、もしくはアーセナルか(AS)

Embed from Getty Images

レアルマドリーに所属するスペインの魔術師、イスコは今シーズン170分のプレー時間に留まっている。

ジネディーヌ・ジダン監督のプランに入っていないことは明白であり、冬の移籍市場でスパーズのクリスティアン・エリクセンを狙っているとも伝えられている。

そうなるとイスコに残された道は出場機会を確保するための移籍だろう。

今のところイスコの移籍先として有力なのはマンチェスターシティとアーセナルと言われている。

両者ともにローン加入のダニ・セバージョス、今シーズン限りでの退団が決まっているダビド・シルバの後釜を探しているため経験とクオリティを備えているイスコは格好のターゲットである。

元スパーズのジェイミー・オハラ「ハリー・ケインが移籍するとしたらマンチェスターシティしかない」(talkSPORT)

Embed from Getty Images

一貫性のある得点力を身に着け、今や世界的なストライカーへと成長したスパーズのハリー・ケイン。

ケインにはマンチェスターユナイテッドやスペインのバルセロナ、レアルマドリーが獲得を熱望していると以前より噂が立っている。

だが、元スパーズのジェイミー・オハラによると、ケインが移籍するとしたらマンチェスターシティしかないと言う。

”£200mを得るためにマンチェスターユナイテッドに行くか?これはもちろんリスペクトしていないというわけではない。しかしスパーズはさらにいいスカッドにすることができる。”

”私が思うにハリー・ケインはスペインへは行かないだろう。アラン・シアラーの持っている記録を打ち破りたいだろうしプレミアリーグですべての時間を過ごすはずだ。もし移籍するならマンチェスターシティだ。セルヒオ・アグエロは年齢的に終わりが近づいてきているし、ガブリエル・ジェズスではまた違ったタイプの選手だ。もし今後マンチェスターシティが誰かを獲得するならそれはハリーかもしれないね。”

コメント

タイトルとURLをコピーしました