<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

チェルシーの移籍、噂まとめ £150mをつぎ込んで選手を獲得か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チェルシーは今冬にも£150mもの金額を使って選手を獲得か(The Sun)

Embed from Getty Images

チェルシーは若手の選手獲得の際にFIFAのガイドラインに違反したとして、補強禁止処分を受けてしまった。

それにより、エースであるエデン・アザールの後釜も上手く獲得することができずローンで加入していたマテオ・コバチッチの完全移籍と冬に交渉を完了させていたクリスティアン・プリシッチらに補強はとどまっていた。

しかし、フランク・ランパード監督はアカデミーの選手を使いこなし今のところチャンピオンズリーグ出場権内に順位を置いている。

その補強禁止処分がまもなく解けるため、チェルシーは今冬にも大型補強を試みるようだ。

その額は£150mにもなると言われており、ベテランの域に入ったペドロとウィリアンの後釜の確保もすると見られている。

若手の育成の腕は確かと言われており、見事にそれを証明してみせたランパード監督はこの補強で再びチェルシーを栄光へと導くことはできるのだろうか。

チェルシーはティモ・ヴェルナーとウィルフレッド・ザハを狙う?(The Express)

Embed from Getty Images

チェルシーは以前にも興味を示していたと言われているライプツィヒティモ・ヴェルナークリスタルパレスウィルフレッド・ザハの獲得を今冬にも狙うようだ。

フランク・ランパード監督は30歳を迎えたペドロ、ウィリアンの両翼に加えて更に若い選手によるオプションを増やしたいと考えている。

彼らが狙うのはリバプールやマンチェスターシティの位置であり、そのための競争力をつけるために必要な2人が彼らだ。

ヴェルナーはブンデスリーガで結果を残し続けており、そのプレースタイルもランパード監督が目指す攻撃的なスタイルにフィットすると言われている。

ザハは既にプレミアリーグでその実力を証明しているためフィットするか否かの心配はないようだ。

ついに莫大な資金を用いて選手獲得ができるようになったチェルシーだが移籍市場で再び世界を驚かせるような取引を見せるのだろうか。

チェルシーはメガクラブたちが狙っている10代のブラジル人獲得レースに参戦か(Gazetta dello Sport)

フラメンゴに所属する17歳のライトナーは今シーズン既に10試合に出場し3ゴール2アシストを記録している。

U-17のレベルでは別格であり、アタッカーとしてチームの攻撃力を引き上げることのできる逸材とされている。

フラメンゴはこの逸材に£53mものリリース条項をつけている。

にもかかわらず、チェルシーは何としてでもライトナーを手中に収めたい考えのようだ。

他にもレアルマドリーアトレティコマドリー、そしてPSGまでもライトナーの獲得を狙っているとされている。

ランパード監督が育成している若手を見ればチェルシー行きを決断する可能性は高いと思われるが他のメガクラブも追い続けるはずだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました