<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

スパーズの移籍、噂まとめ リヨンのデパイの獲得に£50mを用意か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リヨンのメンフィス・デバイ獲得に£50mを用意か(The mirror)

Embed from Getty Images

スパーズはリヨンに所属しているメンフィス・デバイの獲得を狙っているようだ。

かつてルイ・ファンハール監督率いるマンチェスターユナイテッドに加入したものの、思うような結果を残すことができずフランスのリヨンへと移籍していった。

そのリヨンでは絶対的な選手となっており、得点力や局面打開力に磨きをかけている最中だ。

オランダ代表にもしっかりと定着し、主力の1人として数えられている。

スパーズはデパイ獲得に£50mもの移籍金を用意していると言われている。

ユベントスに所属するパウロ・ディバラも夏に狙っていたが結局獲得できなかったため、彼らは前線の人数を増やしたいと考えているようだ。

夏に多額の移籍金を投入してなお冬にも選手獲得に大金を使うのだろうか。

ユベントスはハリー・ケインの獲得を考慮か(PA)

Embed from Getty Images

スパーズに所属するハリー・ケインは2024年まで現行契約を残している。

しかし、チームの状況を見てなのか自らのキャリアをロンドンで過ごすことに疑問を抱いている。

そこに目をつけているのがレアルマドリーマンチェスターユナイテッドと言われているが、中でも1番アプローチを強めようとしているのがユベントスだ。

イタリア王者は多額の移籍金を用意して獲得に向かうことを考えている。

当然1月での獲得は困難と考えており、来シーズンの移籍市場で具体的な動きが出てきそうだ。

そうなるとユベントスのパウロ・ディバラゴンサロ・イグアインらにも影響が出てきそうだが夏に大きな移籍は実現するのだろうか。

マンチェスターユナイテッドが1月の移籍市場でクリスティアン・エリクセンを獲得か(El Desmarque)

Embed from Getty Images

スパーズのクリスティアン・エリクセンは1月か来年の夏の移籍市場で移籍することがほぼ確実となっている。

当然夏となればフリーとなり、エリクセンレベルの選手を移籍金ゼロで放出するのはクラブとしても痛いだろう。

冬にもオファーが来れば放出を考慮するだろうが、ここにきて国内のライバルであるマンチェスターユナイテッド£42mを用意してエリクセン獲得に迫っているようだ。

だが、エリクセン本人の希望がスペインのレアルマドリーのため移籍の可能性は極めて低いと言えるだろう。

調子も段々と落としているエリクセンだが、早くも今冬にクラブを去ってしまうのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました