<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

マンチェスターユナイテッドの移籍、噂まとめ あの男が救世主として戻ってくるか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッドはズラタン・イブラヒモビッチを連れ戻すのか(TuttoMercatWeb)

Embed from Getty Images

マンチェスターユナイテッドで53試合に出場し29ゴールを挙げたズラタン・イブラヒモビッチ

36歳にもかかわらずとてつもないパフォーマンスを発揮し、その後移籍したMLSでも化け物のようなプレーを見せ続けている。

次の移籍先が非常に注目されており、古巣であるACミランに戻るのではとも言われているがここに来てマンチェスターユナイテッドがズラタンを連れ戻そうとする動きがあった。

アントニー・マルシャルマーカス・ラッシュフォードを中心とした攻撃陣はイマイチ迫力がなく、ロメル・ルカクを売却してしまった今は新たな得点源が必要となっている。

その能力に一片の陰りもないことは確かだが再び悪童がプレミアの地へと戻ってくるのだろうか。

マンチェスターユナイテッドがアンドレ・オナナ獲得レースに参戦か(Daily Mirror)

Embed from Getty Images

ヨーロッパでも屈指のシュートストップ能力を持ち、昨シーズンはチャンピオンズリーグの舞台でも活躍したアヤックスアンドレ・オナナ。

スパーズPSGが彼の獲得を狙っていると言われている中、マンチェスターユナイテッドがオナナ獲得レースに参戦するようだ。

守護神ダビド・デヘアと新契約を結んだもののまだゴールキーパーの獲得を狙っているのだ。

オナナはエリック・テン・ハーグ監督の下で2022年まで契約を残している。

マンチェスターユナイテッドが来夏にもウィルフレッド・ザハを狙うか(The Sun)

Embed from Getty Images

かつてマンチェスターユナイテッドに在籍していたクリスタルパレスに所属するウィルフレッド・ザハはプレミアリーグでも随一のドリブラーへと変貌した。

多くのビッグクラブがザハのことを狙っているがネックとなるのがその移籍金だ。

エバートンが今夏問い合わせた際は£70mが必要であったため獲得を断念せざるを得なかった。

また、アーセナル£40mを用意し今夏獲得へ向かったが当然断られていた。

そこでマンチェスターユナイテッドは来夏の移籍市場で£70mを提示し本気でザハ獲得を目指すようだ。

前線の選手が必要な今多くの投資が必要となるだろうがかつてのクラブで帰還することになるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました