<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

リバプールの移籍、噂まとめ ティモ・ヴェルナー獲得のポールポジションへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


リバプールはティモ・ヴェルナー獲得のポールポジションへ(Bleacher Report)

Embed from Getty Images

リバプールは現在2位と8ポイント差をつけて圧倒的な強さで首位に立っている。

彼らは新たに攻撃陣に補強が必要と考えており、ここ数年ターゲットにしているライプツィヒに所属するティモ・ヴェルナーの獲得を狙っている。

多くのクラブから狙われているヴェルナーだがどうやらリバプールはそのポールポジションへいるようだ。

しかし、この冬に移籍となればヴェルナーは確実にフロントスリーのバックアップとなってしまう。

今シーズンも13ゴールを挙げて絶好調であり、ライプツィヒとしてもクラブを高みに連れて行けるカギとなる選手のため売却には慎重になるだろう。

リバプールはヘンクの若きスター選手を来夏に獲得か(Radio Punto Nuovo)

Embed from Getty Images

リバプールはベルギーのヘンクに所属しているサンダー・ベルゲの獲得を来夏にも狙うかもしれない。

2021年まで契約を残しているベルゲは近年逸材が頻繁に出てきているノルウェー出身の巨躯を誇るミッドフィルダーだ。

市場価値は£18mであり、高騰気味の移籍市場の事を考えれば十分に適性価格だと思われる。

しかし、ベルゲの獲得に関しては現在ナポリがリードしているとも言われている。

ヘンクSD ”ナポリが彼に興味を持っているのは本当のことだ。獲得も可能性はあるよ。”

”ユルゲン・クロップも興味を持っているようだね。アンフィールドでの試合の後にサンダーは彼と話していたよ。”

また、ナポリだけではなくアーセナルやスパーズも様子を注意深く注視すると言われている。

ジェイドン・サンチョ「クラブを出ていく準備はできている」(Daily Mail)

Embed from Getty Images

ドルトムントで71試合に出場し、18ゴールを決めている驚異の逸材ドリブラーであるジェイドン・サンチョ。

かつてマンチェスターシティに所属していたが退団し、その後加入したドルトムントでとてつもない活躍を見せている。

若手の市場価値としてはキリアン・ムバッペと並ぶほどであり、獲得には£100m以上はかかると見られている。

多くのビッグクラブが獲得に興味を示していたが、ついにサンチョ自身が今シーズン終了後に移籍することを決めたようだ。

まだ契約を2年半残しているが、ドルトムントは無理に残留させるよりは巨額の移籍金を得ることを選ぶはずだ。

サンチョの獲得に最も近づいているのはリバプールとかつて所属していたマンチェスターシティのようだ。

来夏にこの逸材を確保するのはどのクラブになるのだろうか。


コメント

タイトルとURLをコピーしました