<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

エメリピンチ…アーセナルを救う3人の救世主

スポンサーリンク
スポンサーリンク


1.ネイサン・アケ

Embed from Getty Images

チェルシーを去り、ボーンマスにやってきたネイサン・アケは非常に素晴らしいパフォーマンスを継続している。

この24歳のオランダ人は一貫性のあるプレーをすることができ、左サイドバックのみならずセンターバックでのプレーも可能だ。

その粘り強いディフェンスとポジショニングの良さはアーセナルを大きく助けてくれるはずだ。

来夏にはサンテティエンヌからウィリアム・サリバが加入予定だが、アケはサリバと長期的に友好な関係を築くことができるだろう貴重な選手だ。

現在の狂ってしまっている移籍市場でアケの値段がどれだけするかはわからないが£40m以下で取れるだろう。

守備をケチるとろくなことがないがアーセナルは素早い決断をすることができるのか…。

2.エムレ・ジャン

Embed from Getty Images

タイトルと出場機会を求めてユベントスに移籍したものの、ここまで十分な出場時間を得ることはできず。

おまけに離れたリバプールはチャンピオンズリーグで優勝を果たした。

何とも言えないキャリアを送っているエムレ・ジャンだが、エミレーツにおいて彼の闘志や技術は確実にプラスになる。

リバプールでのプレー経験からプレミアリーグに慣れる必要はなく、ミッドフィールドで大きな影響力を放つことができる点は利点と言える。

アーセナルに足りないものをプラスしてくれるはずであり、万が一の時は多くのポジションをこなすことができるため貴重な存在になるはずだ。

3.ダニエレ・ルガーニ

Embed from Getty Images

すっかり存在を忘れられてしまったであろうダニエレ・ルガーニ。

それも仕方がない。

ジョルジオ・キエッリーニ、レオナルド・ボヌッチ、マタイス・デリフトら3人のワールドクラスに囲まれていては満足に出場機会を得ることはできない。

しかし、ルガーニは未だにヨーロッパでも有数のソリッドな守備の持ち主であり、今の彼にはとにかく出場時間が必要なのだ。

ボールの扱いにも問題がなく、優れたポジションとタックルでプレミアリーグにもすぐに慣れることができ、ダビドルイスらのいい相棒になることができるはずだ。

まだかまだかと覚醒が待たれていたルガーニ。

その才能が爆発する瞬間はエミレーツ・スタジアムなのかもしれない。


コメント

タイトルとURLをコピーしました