<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

ウナイ・エメリの後任としてピッタリな3人の候補

スポンサーリンク
スポンサーリンク


1.フレデリック・ユングベリ

Embed from Getty Images

シーズン途中での監督交代はそう簡単な出来事ではない。

クラブにとっては一大イベントであり、今後の行方を大きく変える可能性があるからだ。

優秀で実績のある監督を連れてくることができればその交代は大きな意味を持つであろうが未知数な人材の場合まさにギャンブルのようになってしまう。

と、なればシーズンが終わるまでクラブのことを知り尽くしている人物が指揮を執ることが一番安定しているのではないだろうか。

フレデリック・ユングベリはかつてアーセナルでプレーしていたこともあるため、サポータたちは仮に彼が監督に就任すると歓迎するだろう。

現在はアーセナルのU-23の監督を経てトップチームでアシスタントコーチをしているため現在のチームの状況をよく知っているはずだ。

劇的にチームを変化させる薬とはならないかもしれないがチームに漂っている悪い空気を一掃することはできるに違いない。

2.マッシミリアーノ・アッレグリ

Embed from Getty Images

散々アーセナルの監督候補として名前が挙がっている希代の戦術家。

ユベントスでは勝つことに慣れすぎているため、勝利に飢えているアーセナルにはぴったりなのではと言われ続けている。

実際、ユベントスでは国内最強のスカッドを持っていたためプレッシャーはあったものの比較的チームを構築する余裕はあっただろう。

それが群雄割拠とも言えるプレミアでどの程度実力が発揮できるのは楽しみではあるが…。

3.ミケル・アルテタ

Embed from Getty Images

皆が歓迎するであろう、かつてアーセナルのヴェンゲル政権で活躍したミケル・アルテタ。

あのペップもそのコーチング技術を評価しており、ゆくゆくは自らの後釜になってほしいとまで言っている。

実際の指揮を見たことがないためそこが不安要素ではあるが、妥協を許さないペップが認めるということはそれなりにチームを操ることができるのであろう。

かつてそのクラブにいた選手が監督として成功した例はいくつもある。

ペップももちろんそうであり、現在のプレミアではあのフランク・ランパードがいい例だ。

クラブの哲学を知っており、今何が一番必要なのかを理解しているであろうアルテタが監督に就任すればすべてがいい方向へと進み始めるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました