<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

マンチェスターシティの移籍、噂まとめ ラヒーム・スターリングと契約延長交渉か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンチェスターシティはラヒーム・スターリングと契約延長の交渉か(Sky Sports)

<Embed from Getty Images

マンチェスターシティはまもなくラヒーム・スターリングとの契約延長交渉に入りそうだ。

ラヒーム・スターリングはマンチェスターシティに加入して以降その価値を高めており、アタッカーとして世界有数の選手にまで登り詰めた。

レアルマドリーらメガクラブがその活躍を放っておくわけがなく、彼の事を長くの間注視しているようだ。

それを阻止すべく、マンチェスターシティは昨年契約延長したにもかかわらず今度はチーム最高額の年俸でスターリングの引き留めを行うようだ。

現在マンチェスターシティで最高給を受け取っているのがケヴィン・デブライネの£275.000だが、スターリングにはそれを遥かに超える£350.000を渡すようだ。

24歳となったスターリングをこのままマンチェスターシティにとどめておくことはできるのだろうか。

マンチェスターシティはアルテタとアーセナル行きについて話し合いか(The Times)

Embed from Getty Images

マンチェスターシティでペップ・グアルディオラのアシスタントを務めるミケル・アルテタはやはりアーセナル行きに興味があるようだ。

ウナイ・エメリがまだ監督として続投しており、解任された場合アーセナルがアルテタを招聘する可能性が高くアルテタも監督業に前向きだ。

しかし、マンチェスターシティとしてはアシスタントとして残したいはずであり今後話し合いを行うようだ。

また、エバートンのマルコ・シウバ監督が解任された際も監督として就任することに興味がある。

シーズン半ばにしてマンチェスターシティは重要なアシスタントを失うことになるのだろうか。

マンチェスターシティはサンドロ・トナーリへスカウトを派遣か(Gazetta de Sport)

Embed from Getty Images

ブレシアに所属するネクスト・ピルロと呼ばれているサンドロ・トナーリ。

次代のイタリアを支える逸材と言われており、国内王者のユベントスをはじめ多くのクラブが彼の獲得を狙っている。

マンチェスターシティもその一つであり、本格的に獲得へ向けてスカウトを送るようだ。

冬での獲得はしない予定だが、来夏での値段やそのポテンシャルを図るためのものだ。

プレミアリーグからはマンチェスターユナイテッドもトナーリ獲得に興味を持っていると言われている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました