<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

アーセナル、冬の移籍市場での最高の獲得劇3選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まもなく冬に移籍市場が開かれる時期になる。

一般的に冬の移籍市場は非常に難しいと言われている。

クラブ側は主力をシーズン途中で放出するわけにもいかず、移籍金は必然的に増えてしまう。

そんな中、アーセナルは低迷する現状から脱するために冬に移籍市場で動く可能性がある。

もちろん、多額の資金の投入も覚悟しなければならないだろう。

そこで今回はアーセナルの冬の移籍市場における最高の獲得劇を紹介しよう。

1.アンドレイ・アルシャビン

Andrey Arshavin was responsible for some great moments at Arsenal

£15mでゼニトから獲得されたアンドレイ・アルシャビン。

リバプールでの4ゴールがあまりにも衝撃的だった男だ。

怪我によりフォームを崩してしまったがその後もリバプールやバルセロナ相手に貴重なゴールを挙げ、結局アーセナルでは144試合に出場し31ゴールを記録した。

アーセナルのみならず近年のプレミアリーグで最も成功したロシア人プレーヤーだろう。

2.エマニュエル・アデバヨール

Emmanuel Adebayor scored 62 goals for Arsenal during his time there

エマニュエル・アデバヨールはアーセナルファンからするとペルソナ・ノン・グラータだろう。

力強いプレースタイルと体格を持つアデバヨールは2006年の冬にモナコから移籍し、残りのシーズンで13試合に出場、4ゴールを挙げた。

その後も調子を保ちつつ2007シーズンにはプレミアリーグで24得点、すべてのコンペティションでは48試合に出場し30ゴールを記録するという活躍を見せたのだ。

アーセナルを去ってからは色々あったが、確実に冬の移籍市場における成功例の1人と言えるだろう。

3.ピエール・エメリク・オーバメヤン

Pierre-Emerick Aubameyang has become an Arsenal hero

ドルトムントで活躍していたオーバメヤンを引き抜いたことは大きな意味を示した。

その後彼はプレミアリーグで最も一貫性のあるストライカーの1人として現在もトップレベルでプレーしている。

当時のクラブレコードである£56mでの獲得であったが今の活躍を見ると納得できる金額だろう。

昨シーズンにはサディオ・マネとモハメド・サラーと並んでゴールデンブーツ賞の獲得もした。

アーセナルファンであれば再び同じことが起こることを期待しているはずだ。

ただ、現在のチーム状況では監督が正式に決まらない限りは補強戦略も難しい。

冬ではしっかりと監督を決め、確立された戦略の下で補強を成功させることが彼らにとってベストな運び方となるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました