<前編>2020年 チャンピオンズリーグ出場チームの特徴と強みまとめ
出場チームの確認をする

マンチェスターユナイテッド、1月に獲得すべき秀英フォワード3人

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.オドソンヌ・エドゥアール セルティック

Odsonne Edouard has scored numerous wonderful goals this season for Cletic

この21歳はフランスを経てセルティックへ加入し、その才能を見事開花させている。

オドソンヌ・エドゥアールはPSGの下部組織出身の選手であり、セルティックは彼をクラブ史上最高額で獲得している。

そして彼はその価値を証明すべく今シーズンは17試合に出場し、すでに13ゴール5アシストを記録している。

フィジカルに優れ、エリア内で脅威になるだけでなくしっかりと周りへの供給もできるためマンチェスターユナイテッドの前線を長年にわたり厚くするためには理想的な選手だ。

懸念すべき点はフランスとスコティッシュのみでしかプレー経験がないことだ。

それゆえプレミアリーグでもその能力を活かしきれるかどうかは未知数なのだ。

2.ラウタロ・マルティネス インテル

Lautaro Martinez, a prime driving force for Inter Milan is a player to watch this season

今イタリアで最もホットな若手の1人、ラウタロ・マルティネス。

この22歳のアルゼンチン人はチームメイトであるロメル・ルカクを完璧に理解しており、恐るべきコンビとしてインテルで躍動を続けている。

また、16試合に出場し9ゴールを決めるなどストライカーとしての能力もしっかりと伸ばしている。

急成長をしているラウタロには多くのクラブから獲得の打診があると言われているが資金力ならマンチェスターユナイテッドも負けるはずはない。

優れたエネルギーを持ち、アントニー・マルシャルやマーカス・ラッシュフォードと組むと新たな化学反応を起こすであろうラウタロは是非手中に収めたい逸材だろう。

3.ムサ・デンベレ セルティック

 Moussa Dembele could be a massive signing for Manchester United

フラムで3年のプレー経験を持つ現リヨン所属のムサ・デンベレ。

数年前より逸材と騒がれていた選手の1人であり、得点力だけでなくオフザボールの動きにも優れた万能型のストライカーだ。

コンスタントな活躍を続けており、今シーズンも既にリヨンで10ゴールを記録している。

やはりマンチェスターユナイテッドとしてはファイナルサードで脅威となれる選手が必要であり、継続的な実績を残しているデンベレはまさに信頼できる選手のはずだ。

しかし、チェルシーも獲得を目指しているなどデンベレ獲得への道はそう簡単にはならないだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました